パソコン周辺機器 レビュー

ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2 【レビュー】

2019/11/20

こんにちは、ヒキコモリ系サラリーマンのさいちょうろうです。

自宅作業するノートPCユーザーたちへ

  • ノートPCの画面じゃ小さすぎて作業効率が悪い。
  • ノートPCで外付けディスプレイを使っているが1画面じゃ足りない。
  • テレワークの効率を極限まで上げたい!
  • ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2ってどうなん?
  • ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2をすでに使っているんだが、付属のケーブルが短くて不便!

こんな不満・疑問を解決できる記事を用意しました。

 

はじめに

私は基本的に会社(オフィス)に行かず、ほとんど自宅で作業しています。そのためThinkPad T480sの画面は使用せず外付けディスプレイ(27インチWQHD)を使用していましたが、業務上手狭になったためモニターを34インチウルトラワイド(3440×1440)へと交換しました。作業スペースが大幅に広くなったのですが何か物足りない。

管理人
デュアルディスプレイは漢のロマンだろ。

だがノートPCにはHDMIポートが1つしかないので接続できる外部ディスプレイは1つだ。これを解消するためには追加のアイテムが必要となる。

というわけで、ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2をポチる。

created by Rinker
Lenovo
¥28,500 (2022/10/02 08:05:01時点 Amazon調べ-詳細)

この製品のデメリットとその対策に関しても書いていますので、最後までお読みいただけると幸いです。

注文してから届くまで

到着までの流れ(日数)はこんな感じでポチってから2週間しないぐらいで到着しています。これは2019年当時なので、今では国内発送でもっと早めに入手できるかもしれません。

実機確認

内容物

  • 本体
  • ACアダプタ(135W)
  • Thunderbolt3 ケーブル
  • 簡単な説明書

正面から

裏はThinkPadっぽい赤。

裏面の端子類。前モデルの「ThinkPad Thunderbolt 3 ドック」(※「2」が付かない)と比較してポートの構成が若干異なる。今更使うことの少ないアナログなD-SubがなくなりDisplay Portが2つになっているところが嬉しい。

早速ThinkPad T480sと接続する。特に何もせず認識はするが、うまく認識しない場合はドライバー (Windows 10 64bit) - ThinkPad Thunderbolt 3 Workstation ドック, ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2, ThinkPad Thunderbolt 3 Workstation ドック 2を入れるべし。

そしてThunderboltケーブルが短い。ケーブルを長くするとアクティブケーブルが必要になり値段が跳ね上がってしまうのでそこは仕方ない。とりあえずPCの近くに置く。(ケーブルが短い件は、最後に対策を書いています。)

うちの環境では以下のものを接続した。Thunderboltケーブル1本差すだけで以下につながるようになるので利便性が向上した。外出先から戻ってノートPCを取り出し、電源・LAN・モニターのケーブルを刺す。一見大した手間でもないこんな作業も毎日続けるとなると無駄な時間となる。

    • 電源
    • 有線LAN
    • モニター1(34インチメイン)
    • モニター2(27インチサブ)
    • USBキーボード

USB接続のHDDやキーボード、マウス、テレワーク用のカメラ、ヘッドセット、NASストレージなどを接続するユーザーであれば、これらをThinkPad Thunderbolt 3 ドックに接続しておけばさらに接続の手間を省くことができるし、何よりノートPCに刺さるケーブルが複数本からたったの1本になるので見栄えもいい。

近年のThinkPadはLANコネクタが廃止されて、有線LAN接続したい場合は「ThinkPad USB3.0 - イーサネットアダプター」のようなオプションが必要となってしまうが、ThinkPad Thunderbolt 3 ドックがあればそれも不要だし配線もないのでスッキリする。

無線LANはケーブルが不要なので便利だが、速度が遅かったり不安定だったりする場合もあるので安定した環境で仕事に集中するにはやはり有線LANにしたいところ。

というわけでノートPCでデュアルディスプレイ環境が完成した。

左右のディスプレイで別々の役割を持たせられるし、不要な時は片方の電源をOFFにすればいいので27インチWQHDディスプレイ2枚分の解像度を持つ49インチディスプレイなどよりも使い勝手はいいかと思っている。広大な解像度なので

  • メールソフト+資料作成
  • ブラウザなどの情報参照+資料作成
  • 手順書などの情報参照+実作業
  • WebexやZoomなどのオンライン会議+ブラウザでネットサーフィン

などのように、今まで複数の情報を行ったり来たりした作業の効率が大いに上がったので費用対効果は高い。

そしてこの製品は何が素晴らしいかというと、Thunderbolt3による接続なので将来的にノートPCを新しくしてもそのまま使用することができる点である。今までのドッキングステーションだと個々の製品専用だったため、ノートPCを新しくすると合わせてドッキングステーションも買いなおす必要があったが、これだとThunderboltポートが存在している限り使用し続けることができる。それを考えると3万弱の価格は決して高くないと思う。ちなみに、この商品はしょっちゅうセールをやっているので2万円台前半で買えることが多い。


デュアルディスプレイがいかに素晴らしく生産性を上げるかは別途以下の記事にまとめましたので合わせて参照ください。

 

総評

以下を見ていただくと分かるが、デメリットに対してメリットの方が圧倒的に大きいのがお分かりいただけるかと思う。しかもデメリットで書いた項目は工夫で回避できるし、金額の話は生産性を上げることで元を取ることができるものなので迷う理由が単に金額なのであればぜひ今すぐ購入して1日も早く生産性の高い仕事環境を入手してほしい。

ココがおすすめ

  • ノートPCでデュアルディスプレイが実現できる。
  • ノートPC本体が変わっても、使用できる。
  • Thunderboltケーブルたった1本差すだけで、以下のような機器につながるようになる。
    • 電源
    • 有線LAN
    • モニター1
    • モニター2
    • USB HDD
    • USB キーボード
    • USB マウス
    • USB カメラ
    • USB ヘッドセット
  • ノートPCに刺さるケーブルが複数本から1本になるので見栄えがいい。(上記例なら9本→1本)

ココがイマイチ

  • まぁまぁのお値段。(ただし2万円台前半で買えるセールもしょっちゅうやっている)
  • 電源の白いLEDがまぶしい。
  • 付属のケーブルが短い。
created by Rinker
Lenovo
¥28,500 (2022/10/02 08:05:01時点 Amazon調べ-詳細)

不満点の解消

不満点の解消①:LEDがまぶしい

電源ボタンの白LEDがまぶしい。どのぐらいまぶしいかと言うと、夜真っ暗で寝ていて目が慣れてくると部屋がうっすら照らされているのが分かるぐらい。しかもジワジワ点滅しているので余計気になる。

さすがに直接油性マジックで塗りつぶすのも気が引けたので、養生テープを貼って油性マジックをぬりぬり。

電源ON!

・・・まだ光ってる。たかが表示にどんだけ強力なLED装備してやがるんだ。というわけで養生テープ2枚重ねしました。(管理人はその後、見栄え向上を狙って黒のマスキングテープに換えました)

 

不満点の解消②:Thunderbolt3ケーブルが短い

ケーブルが短いので、ノートPC本体の近くにThinkPad Thunderbolt 3 ドックを置く必要があるのだが、ドックも決して小さい本体ではないので邪魔だし自由度がないのは好きではない。

ケーブルもある程度の長さ以上はアクティブケーブルにする必要があり、アクティブケーブルとなるとなかなかいいお値段してしまうから商品価格を下げるためには仕方ないのは理解できる。

というわけでbelkinのThunderbolt3ケーブル(2m)をポチる。ケーブルが9000円弱、高い。

created by Rinker
Belkin
¥14,436 (2022/10/02 22:52:29時点 Amazon調べ-詳細)

これでケーブルの長さから置き場所の制約を受けずにThinkPad Thunderbolt 3 ドック2を使用することができるようになりました。

Thunderboltケーブルは相性問題もあったりで、自分が使用している機器で問題なく使用できるかの情報が少ないが、少なくともbelkinのケーブルはThinkPad Thunderbolt 3 ドック2で使用可能でした。

-パソコン周辺機器, レビュー
-, , , , , ,